池袋の客層と稼ぐための環境と収入の目安

池袋の風俗求人 30代,40代,50代 女性募集
集客力
平均客層
相場客単価 10000円-25000円
おすすめ度

池袋エリアの総評

城北地区で最大の歓楽街で、人妻・熟女系の風俗店が比較的多いエリアです。

平均客単価、女性のバック額は都内で最も安いという状況は、十数年前から今も変わらないように見受けられます。特にお客様への割引を女性のバックからも差し引くと言うのも池袋の風俗店でしか聞いたことがありません。

客層に関しては、予約をバックレたりキャンセルなどは平気なクズ比率が他のエリアと比較すると飛び抜けて高いのは最近落ち着いてきているようですが、低単価で客の回転率が池袋で働く人妻熟女の風俗店の生命線と言えるような状況が少なくないように見受けられます。

店の回転率が命ということは、女性も回転率を高くしないと稼げない状況であることは容易に想像がつきますし、ハードサービスの風俗店は比較的稼げるようなので、風俗歴が長く心身ともに丈夫な女性でしたら十分に稼げる可能性はあります。

池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手の3大副都心の一つ。略称は「ぶくろ」。池袋駅を中心に駅の東口及び西口には大規模な繁華街が広がり、巨大な百貨店や専門店、飲食店などが局在する。北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がある。1日に約100万人の集客人員がある。東口にはビックカメラ池袋本店やヤマダ電機LABI1日本総本店池袋が位置し、家電量販店の激戦区になっている。他にもラーメン激戦区・書店激戦区としても知られる。

東口方面には西武百貨店、池袋パルコ、サンシャインシティ、豊島区役所等、西口方面には東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等がある。

池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであり、池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)である。これは新宿駅・渋谷駅に次いで世界3位である。また、池袋駅は埼玉県方面に伸びる路線が多数乗り入れ埼玉県からのアクセスがよいため、通勤・通学・買い物で利用する埼玉県民が多い。また池袋駅の駅ビルが発達し、駅だけで買い物などが事足りてしまうため、新宿や渋谷と比較して面的な街の広がりが小さいことを揶揄して「駅袋(えきぶくろ)」と言われることもある。池袋駅北側にある「いけふくろう」は池袋の待ち合わせ場所として知られている。

池袋駅西口(北)方面には観光地化されていない中華街が広がっており、中国から直輸入した食品・書籍や本場同様の料理を提供する店が存在する。例えば、友誼商店,陽光城,中文書店,知音食堂,串串香麻辣湯など、在日中国人が日常生活で利用する店が営業している。また、在日中国人によるビラ配り等も散見される。

アニメイト池袋本店や乙女ロードを中心として東口には若い女性を対象にしたアニメグッズや同人誌などを扱う店舗が密集しており、秋葉原が男性を中心としたおたくの街なのに対し、池袋は女性おたくの街としても認知されている。

池袋駅から少し離れると立教大学(西池袋)、帝京平成大学(東池袋)、重要文化財に指定されているフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園などの緑や文化財も多く、池袋演芸場などの寄席や小劇場もある。
出典:Wikipedia

風俗求人の多いエリアの環境と収入の目安

タイトルとURLをコピーしました