渋谷の客層と稼ぐための環境と収入の目安

渋谷の風俗求人 30代,40代,50代 女性募集
集客力
平均客層
相場客単価 20000円-27000円
おすすめ度

渋谷エリアの総評

人妻デリヘルが一般的になった頃に、恵比寿・代官山を含め渋谷をメインエリアとした人妻風俗が点在していましたが、一時期から急激に減少して東関東大震災当たり頃からは急激な減少で閉店に追い込まれた老舗店もありました。

以降、人妻・熟女系のデリヘルで目立った存在は現れず、ホテルヘルスがデリヘルっぽい営業をしてるか、ハードサービスのチェーン店が細々と…というイメージです。店名に渋谷を揚げている人妻店の多くは、渋谷よりも周辺エリアへのデリバリーか、系列の店舗のお仕事で頑張っている様子が伺えます。

ホテルヘルス系の人妻店では、まず稼げているという話は噂でも聞いたことがないので、40代以上の女性に関しては避けたほうが無難なエリアです。

新宿、池袋と並ぶ3大副都心の一つであり、渋谷駅を中心とした日本有数の繁華街である。主に渋谷駅北西側のセンター街方面に大規模な繁華街が広がっている。「若者の街」として知られ、「西武百貨店」・「東急百貨店」・「渋谷パルコ」・「109」・「渋谷スクランブルスクエア」「ミヤシタパーク」などのデパートやファッションビル・専門店・飲食店などが立ち並ぶ。渋谷駅前には待ち合わせの名所である忠犬ハチ公の銅像があり、そのすぐ向かいは渋谷スクランブル交差点となっている。駅からスクランブル交差点を渡ると渋谷センター街であり、飲食店やゲームセンターなどが集積している。かつては歩行者天国を行っていたが、2002年12月28日をもって廃止となった。また、渋谷駅は東京の重要なターミナル駅の1つとして機能しており、その利用者数は直通運転の乗客を含めて約330万人であり、新宿駅に次いで世界2位を誇る。

1885年に渋谷駅が開業した当時、周辺は田畑が広がる東京郊外の田舎の駅であり、そのため開業当時は利用者数が非常に少なかった。その後複数の鉄道路線や路面電車(東京市電、玉電)が乗り入れ、東京市南西部郊外のターミナル駅として発展していく。戦前から現在の東急が関東初の駅直結のターミナルデパートである東横百貨店(のちの東急百貨店東横店)を開業するなど、渋谷の開発を行ってきた。しかし渋谷は街路が放射線状に広がり、更に坂や一方通行の小道が多い事から道路拡張は困難で、それら諸般の事情により開発業者は敬遠し、結果として新宿、池袋といった山手の繁華街に比べ街の発展が遅れをとる事となった。かつては若者の街と言えば新宿であったが、1973年に渋谷パルコが開店してから若者が多く集まるようになり、1975年以降は新宿に代わる若者の流行の発信地となった。かつての西武系のセゾングループと東急グループが競争的に渋谷の開発を行うことで発展してきた経緯をもつ。

2020年現在の渋谷駅周辺には渋谷109・東急百貨店本店・Bunkamura・渋谷スクランブルスクエア・渋谷ストリームなど、東急グループの商業・オフィス・文化施設などが多数集積する。

毎年10月31日及び直前の週末には、仮装をした多くの若者がスクランブル交差点に集まり、日本におけるハロウィンの聖地として有名である。また、近年はそれに伴う迷惑行為や犯罪、ゴミの問題が指摘されている。2019年以降はハロウィン前後の期間でセンター街などの路上での飲酒を禁止するハロウィン条例が施行された。

また、多くのIT企業が集積していることから「ビットバレー」と呼ばれる。一時期、渋谷のオフィスで手狭になったことでGoogleやAmazonといった大手IT企業が流出し、「IT企業の街」としての地盤沈下が危惧されたが、東急グループ主導の再開発により大規模オフィスを供給して、IT企業の呼び戻しを図っている。

2013年に東急東横線渋谷駅が地下化したのを契機に各線の渋谷駅の改良工事や東急及び東急不動産が主導してそれに伴う周辺地域の大規模な都市再開発を行っており、その規模は「100年に一度」と言われる。2012年の渋谷ヒカリエ完成以降、渋谷ストリームや渋谷スクランブルスクエアといった、オフィス併設の複合商業施設を次々と建設している。都心3区(千代田区・港区・中央区)や西新宿を擁する新宿と比較するともともとの渋谷のオフィスビルの集積はそれほど多くはなかったが、再開発により渋谷の高層ビル化及びIT企業を中心としたオフィス機能の強化が進んでいる。全体の完成としては2027年を予定しており、渋谷は大きな変化を遂げている。
出典:Wikipedia

風俗求人の多いエリアの環境と収入の目安

タイトルとURLをコピーしました