上野の客層と稼ぐための環境と収入の目安

上野の風俗求人 30代,40代,50代 女性募集
集客力
平均客層
相場客単価 10000円-25000円
おすすめ度

上野エリアの総評

北関東からの東京への入り口として集客力は比較的高めですが、田舎のワンマンなオジサンや女性の扱いに慣れていないが、自分では自覚の無い小金持ちがチラホラいます。

比較的高収入な職業のお客様は多くないですが、所得が高いお客様においては都内の余裕のあるお客様よりも高収入の場合があり、気に入られるとお客様に飽きられるまではかなり収入が高くなる可能性があります。

総じて、客単価が他エリアより低い原因は、標準的な風俗店の平均単価を大多数を占める低単価の風俗店(激安店)が引き下げているので、客単価の安い風俗店が多いのが分かります。

近隣の吉原で遊んでいた年配者も少なくないので、本番が当然という体質のエリアなので本番強要や要求が多く、断ると機嫌が悪くなる場合が目立ちますので、初心者や経験の浅い女性には不向きです。

東京都内での風俗店の客層としては最もお勧めしないエリアの一つです。
特に客単価の安い風俗店(バックが10分1000円前後)は一時期と比べて回転率も下がってきているので避けるべきです。

地形は、上野恩賜公園のある上野山が北区の方面から伸びる上野台地(武蔵野台地の分脈)の先端部分に当たる。下谷地域に属する。正確には台地である上野山は標高20mほどの高さを持ち、上野の街は上野山の東と南に開けている。上野台地の西には東京大学の位置する文京区の本郷台地があり、上野公園西南部にある不忍池はもともと両台地の間の谷(谷中・根津)を流れてきた谷田川(藍染川)が流れ込む場所に自然に形成された池である。現在では谷田川は地表から消滅し、不忍池も面積を縮小させている。
出典:Wikipedia

風俗求人の多いエリアの環境と収入の目安

タイトルとURLをコピーしました