鶯谷の客層と稼ぐための環境と収入の目安

鶯谷の風俗求人 30代,40代,50代 女性募集
集客力
平均客層
相場客単価 18000円-28000円
おすすめ度

鶯谷エリアの総評

近隣に吉原があり、吉原を卒業(年齢制限により)した熟女の風俗店という経緯が成り立ちのようなものなので、基本的に本番店が多いエリアです。

非本番の人妻熟女デリヘルも少なくないですが、土地が「本番ありき」なので、そのつもりの無い女性は精神的に疲弊すると思われますので、未経験の女性には絶対にお勧めはしません。

電車移動で初めて鶯谷の駅を出た人妻デリヘル嬢は、異様な空気感に飲まれると感想を漏らすのを良く耳にしました。

鶯谷を拠点としていない人妻デリヘルの客層と、地元の風俗店の客層とは違いがあります。
鶯谷を拠点としてる風俗店の客層は、鶯谷の風俗店(本番ありき)をさがしますが、人妻デリヘルのお客様は利便性だけで鶯谷を利用するので、想像よりも紳士的な方が多く、客単価も比較的高い方が少なくありません。

現在の行政上は「鶯谷」という地名は存在せず、1829年の『御府内備考』でも「鶯谷」という単語は見られるものの、谷の名前として登場するのみ。駅東側にはラブホテルがあり、かつて文人が多く住んだことで知られる根岸の里がある。根岸2丁目には子規庵、中村不折の書道博物館がある。西側には寛永寺・上野公園が広がり、近くには江戸の風物詩・朝顔市の入谷鬼子母神がある。

江戸時代は寛永寺領であったため、上野・根岸・根津に渡って多数の寺院が残っており、高層ビルや高層マンションが少ない。鶯谷駅からは上野公園、上野桜木なども徒歩5分ほどである。

鶯谷駅南口はエレベーター設置などの改修工事が進んでいる。南口には東京芸術大学や専門学校の学生、上野公園散策のカップル、墓参りをする人などが多く、東京キネマ倶楽部やダンスホールではアイドルなどが公演を行ったりしており、それらのファンでごった返していることも多い。
出典:Wikipedia

風俗求人の多いエリアの環境と収入の目安

タイトルとURLをコピーしました